NPO法人総合支援ベース │ リーガルベース行政書士・司法書士事務所

NPO法人総合支援ベース

【対応地域】日本全国対応

03-3220-4533

電話受付時間 : 平日9時~18時 休業日:土日祝

メールでは24時間受け付けをしております。

お問い合わせはこちら

NPO法人の設立と助成金について

NPO法人の設立をご検討されている方の中には、NPO法人の資金源として「助成金」の受給をお考えの方も多くいらっしゃいます。

今回は、助成金についての概要と、NPO法人を設立する上での助成金の捉え方をご説明いたします。

助成金とは

助成金とは、事業の完成を助けるために一時的に提供される資金のことです。
財団などの支援団体が、その意義を認めた事業の遂行の手助けとして資金を提供します。

助成金のほとんどは、申請後、一定の審査を経て、助成の可否が決定されます。

近年では、NPO法人の設立件数が増加しており、それに伴って助成金の申請件数も増加傾向にあります。
したがって、助成金の競争率が年々高まっており、審査においては、事業の実績をより重視する傾向にあります。

また、助成金は流動的な側面があり、毎年あった助成金が突然無くなってしまうことや、内容の変更連続して受給することを認めないものもあります。

NPO法人の設立と助成金

NPO法人の設立をご検討される方の中には、「この助成金があるから、事業を開業する」といったお考えをお持ちの方もいらっしゃいます。

しかし、そのような事業の立案方法は、おすすめしません
上記で記載したように、助成金は競争率が高く、かつ、流動的であるからです。

NPO法人数の増加に伴い、助成金の競争率が高まっていることや、内容の変更受給回数の制限があること、そもそも助成金自体が無くなってしまうリスクがあります。

もしも助成金が無くなってしまった時に、助成金ありきの事業計画をしていた場合、突如として事業の継続が困難となってしまいます。

したがって、事業を立案する際は、長期的な視点に立って事業を構想することが重要と考えます。

事業を成り立たす上で、助成金の存在を絶対的なものにするのではなく、あくまで事業収益のプラスαとして捉えることができれば、安定した事業の立案ができるかと思います。

Return Top